結婚相談所主催の婚活パーティー カップリング後【体験談】

私は婚活がマンネリ化していた33歳のとき、友人を誘って婚活パーティーに初めて参加しました。地元の結婚相談所が運営していて、広告でパーティーがあることを知りました。

2人で訪問すると、エネルギッシュな男性スタッフと、優しい女性スタッフがいて安心しました。早速パーティーに申し込み、参加費は初回半額の4500円でした。人数は男女15対15で、年齢は幅広いですが制限はありました。

当日、フォーマルな服装で会場に行くと、参加者は少し緊張した雰囲気でしたが、司会はスタッフの方で、友人もいるので頑張ろうと思えました。フロアには、二人掛けの椅子とテーブルが並べられていて、全員と5分程度お話をする時間がありました。私は、地元の方でお相手を希望していました。

理由は、同級生のお母さんの出身が新幹線で5時間かかるので、苦労をしているのと聞いていたからです。しかし、当日はそのことを忘れ、外見がタイプで出身地が電車で40分の方の印象が良く残ったので、第一候補に記入してしまいました。第三候補まで記入しましたが、後日マッチングできたのは、見事第一候補の方でとても嬉しかったです。

友人は第二候補の方とマッチングできました。翌月にはパーティー会場がホテルだったので、一階のお洒落な喫茶店で、お茶をすると決まっていました。待ち合わせをして席に着き、雑音はあるとはいえ、素敵な男性と会話しながら、ケーキを食べるのは気疲れしました。パーティーの帰りに友人と食べたケーキより美味しさは記憶にないくらいです。

結局ご縁はなかったので、お試し期間だけ相談所に登録をしました。写真は綺麗に写っているものを用意し、プロフィールとして自己PRを作成してもらいました。後日スタッフにお勧めされたのは、職業が電線工事をしている方で尊敬は出来ましたが、お茶した方とはピンと来なくてお断りしました。

その経験で発見したのは、私は外見を重視してしまうということです。これは男性が特にそうで、スタッフいわく、相談所に登録している女性の写真が魅力的だと成婚しやすいそうです。また女性は20代のうちに登録するのがベストだそうです。悲しいですが、29才と30才では市場価値が違うということです。私はちょっとオーバーしていたみたいですね。

他のところでも婚活したいと思い、次は大手結婚相談所に話を聞きに行くことにしました。結婚している今となって振り返れば、第一希望でマッチングできたのはサクラだから?と勘ぐってしまいますが、とても貴重な経験だったなと思っています。